知りたい!ホントのところの留学費用〜渡航費・学費・食費・交際費など〜

ゆとりを持った早めの留学準備が大切

どのような種類の留学を計画するかによって、準備に必要な期間や手続きなどが変わってきます。
しかし、何れにしても様々な準備段階を経なければならないことに変わりはありません。
夢の留学を実現するために、「何を」「いつまでに」と考えて、ゆとりを持った準備を進めていきましょう。
私立の語学学校の場合は、学校を見つけることが最初の準備になります。
学校が決定し申込みが完了すれば、後は学校からの指示通りビザを取得したり、滞在先の手配をしたりとスケジュールに沿って準備を進めましょう。
1ヶ月の間に数回の入学日が設定されているので、渡航の時期を気にする必要はなく、4〜6ヵ月前から渡航準備をすれば大丈夫でしょう。
ただし、公立の語学学校の場合は、学校事務とのやり取りに時間がかかってしまうことが多いので少し余裕が必要です。
一方、大学留学の場合は準備には何かと時間がかかります。
「何を学ぶのか?」「どの学位の取得を目指すのか?」「今の英語力は?」「予算は?」など、希望や条件で学校選びが異なるので早くからの準備が必要です。
特に、各大学で願書の提出期限が設けられていて、出願のチャンスが1年に1度しかないと考えると、情報収集を始めるのは早すぎるということはありません。
さらに、出願に必要な書類が多く、また必要書類を準備する時間も必要なので、準備期間は少なくても1年半〜1年は必要となります。
まずは、大枠でのスケジュールを把握して準備を進めていくと良いでしょう。
スムーズな留学にするためにも、ゆとりを持った準備・早めの準備が大切です。

留学にはこちらもオススメ

Copyright (C)2017知りたい!ホントのところの留学費用〜渡航費・学費・食費・交際費など〜.All rights reserved.